レンタルサーバー

ConoHa Wingのサブドメインを設定して複数ブログを運営する方法

ConoHa Wingのサブドメインを設定して複数ブログを運営する方法
サブドメインってなんですか?便利なら使ってみたいです。

こんな疑問にお答えします。

サブドメインって聞いたことあるけど、イマイチよく分からない…。

そんな方も多いですよね。

  • 追加料金なしでブログを増やしたい
  • テスト(デモ)サイトを作りたい

などなど。

複数ブログが必要!なんて時に、サブドメインを作る人が多いです。

本記事ではサブドメインについて、初心者にも分かりやすく、写真付きでご紹介。

とりあえず理解しておきたい。なんて方も、ぜひ最後までご覧ください。

後半では、サブドメインの設定方法や注意点についても詳しく解説しますね。

 この記事を書いた人

サブドメインとは?

そもそもサブドメインの仕組みがよく分からない!という方に。

似た名前&区別しにくいものの代表として、こうしたドメインがあります。

ブログドメインの違い
  • 独自ドメイン
    メインブログ
  • サブドメイン
    メインブログの子供
  • サブディレクトリ
    メインブログと双子
独自ドメインサブドメインサブディレクトリ
URLの違いhttps://www.emmadiaries.comhttps://〇〇.emmadiaries.comhttps://www.emmadiaries.com/〇〇/
メインブログとの関係性子供双子
SEO評価の影響
Googleアドセンスの追加申請不要
ASPの追加申請不要
向いている用途メインブログをもとに
別ジャンルのブログ作成
メインブログと同じカテゴリの
ブログ作成

サブドメインは、メインブログの子供のイメージ。

どれも、ブログの中身(プラグインやテーマ)は全て違うものを使えます。

親元が同じなので、関係値の強弱はあっても「メインブログと関係あること」が前提になります。

ConoHa Wingサブドメインの特徴

サブドメインが持つ、代表的な特徴はこちらの2つです。

無料で作れる

ConoHa Wingのサブドメインは、どのプランでも無料&無制限に作れます。

サーバーによっては数に限りがあったり、追加料金必要な場合も…。

その点、ConoHa Wingのサブドメインは気にせず作り放題です。

とはいえ、目的なく増やしすぎると、不正アクセスの対象となる恐れもあるので注意してくださいね。

メインブログを活用できる

サブドメインは、メインブログのブランドを活かしたサイト作りにぴったりです。

もしEmma Diariesのサブドメインを作るとしたら

  • Emma English(英語ブログ)
  • Emma Travel(旅行ブログ)

のように、元あるブログから派生している新たなブログを作れます。

サブドメインの使い方

実際に、サブドメインが使われているサイトを見てみましょう。

  • Google(メインドメイン):https://www.google.com
  • Gmail: https://mail.google.com
  • Google News:https://news.google.com
  • Amazon(メインドメイン):https://amazon.com
  • Amazon Prime Video:https://primevideo.amazon.com
  • Amazon Web Services:https://aws.amazon.com
  • Yahoo(メインドメイン):https://yahoo.com
  • Yahoo Mail:https://mail.yahoo.com
  • Yahoo Finance:https://finance.yahoo.com

赤文字部分が追加されたURLが、サブドメインです。

どれも、メインブランドをメインとしたサービスに使われていますね。

サブドメインの注意点

サブドメインは無料で作れて便利ですが、いくつか注意点もあります。

順に解説しますね。

SEOに有利とは限らない

サブドメインは良くも悪くも、メインブログの評価を引き受けます。

メインブログがイマイチだと、サブドメインもイマイチ。

それぞれ独立したブログではあるものの、URLから見て分かる通り、完全な無関係でもないのがサブドメインです。

SSL証明書の発行費用が必要

サブドメインを作るサーバーによっては、SSL証明書の発行費用が発生する場合があります。

SSL証明書とは、簡単にまとめると安全なブログ運営に必須なもの。

ConoHa Wingは一切追加料金がかかりません。

自分でSSL設定をするとなれば、数千〜数万円ほどかかる場合も。

サブドメインにSSL設定を無料でできるかは、事前にチェックしておきましょう。

Googleアドセンス設定を変更できない

メインブログでGoogleアドセンスを利用している場合、サブドメインは審査せずに使えます。

しかし、アドセンスの広告設定を変えることはできません。

例えば、広告ブロック設定などを設定している場合は、個別に変更できません。

1つのものを共有するから、カスタマイズできないよ〜。といった感覚です。

企業サブドメインは売れない

サブドメインは、企業(主にサーバー)のものを使うこともできます。

 企業サブドメインのメリット
  • ドメインパワーが強い
 企業サブドメインのデメリット
  • 企業サブドメインのデメリット
  • 企業がサービス終了したら消える
  • ペナルティを受ける可能性がある
  • 他サーバーに移せない

企業サブドメインの持ち主は、もちろん企業。

自由に手放したり、お引越しすることはできません。

無料ブログと似てる部分がありますね…!

サブドメインだけ残すことはできない

メインブログを削除したら、サブドメインも消滅します。

メインのドメインがなくなり、サブドメインだけ残すことはできません。

継続して使いたい場合は、別のサーバーに移管して使ってくださいね。

ドメイン移管について詳しくはConoHa WINGのドメイン移管方法と注意点を解説で解説しています。

ConoHa WINGサブドメインの設定方法

以下では、ConoHa WINGにサブドメインを設定する手順をご紹介します。

1:ConoHa WINGのコントロールパネルから「WING」→「サーバー管理」→「ドメイン」をクリックします。

ConoHa WINGサブドメインの設定方法

2:右上の「+ドメイン」をクリックし、サブドメインを作成します。

ConoHa WINGサブドメインの設定方法
項目内容
ドメイン追加サブドメインを追加
入力欄サブドメインを入力
プルダウンメインドメインを選択
無料独自SSL利用する

最後に「保存」をクリックしましょう。

これでサブドメインの追加は終了です。

サブドメインにWordPressをインストールする

次に、サブドメインをWordPressで使えるよう設定します。

1:ConoHa WINGのコントロールパネルから「WING」→「サイト管理」から、先ほど作成したサブドメインの隣にある「切り替え」をクリックします。

ConoHa WING対象ドメインの切り替え

2:「+WordPress」をクリックし、詳細を入力しましょう。

サブドメインにWordPressをインストールする
項目内容
インストール方法新規インストール
バージョンそのままでOK
URLメインブログと同じものを選ぶ
URL(任意入力)そのままでOK
サイト名サブドメインのブログ名を入力
(後から変更OK)
メールアドレスWordPress管理画面ログインに使うので忘れずに
ユーザー名WordPress管理画面ログインに使用うので忘れずに
(ニックネームOK。WordPressのログインIDになる)
パスワードWordPress管理画面ログインに使用うので忘れずに
データベース(データベース名)そのままでOK
データベース(ユーザー名)そのままでOK
データベース(パスワード)データベースへのログインパスワードとなる
コントロールパネルプラグインチェックを入れる
(WordPress管理画面から、ConoHa WINGの設定ができるプラグイン)
自動キャッシュクリアプラグインチェックを入れる
(ブログ表示速度が高速化するプラグイン)
WordPressテーマ利用する
テーマCocoon
入力例

全て入力できたら、最後に「保存」をクリック。

4:「成功しました」と表示されれば完了です。

サブドメインにWordPressをインストールする

5:「以下のアプリケーションが稼働中になりました。」と表示されたら、次の設定に移りましょう。

サブドメインにWordPressをインストールする

SSL有効化の設定

続いて、Webサイトを安全に使えるよう「SSL有効化」の設定を行います。

SSL有効化はワンクリックで設定完了します。

…が、サブドメインを設定したばかりだと「SSL有効化」ボタンをクリックできないので注意してください。

ConoHa WINGでSSL有効化できない状態
ボタンがグレーになり押すことができません…

「サイト管理」→「サイトセキュリティ」を見ても設定中になっています。

ConoHa WINGでSSL有効化できない状態

こうした場合の解決策は、しばらく待つのみ◎

先に次の作業を進めるか、休憩タイムを挟んでくださいね。

ちなみに私は、1時間ほど待って作業できるようになりました。

SSL有効化ボタンが押せるようになったら、設定に進みましょう。

1:かんたんSSL有効化の「SSL有効化」をクリックします。

ConoHa WINGのSSL有効化

2:左下に「成功しました」と表示されれば完了です。

ConoHa WINGSSL有効化設定

ごくまれに数日経ってもSSLが有効化されないこともあるようです。

あまりに長時間かかる場合は、ConoHa WINGお問い合わせへ相談してみてください。

WordPressの管理画面にログインする

続いて、WordPress管理画面にログインします。

1:ConoHa WINGコントロールパネルから「サイト管理」→「サイト設定」にある、管理画面URLをクリックします。

ConoHa WINGでWordPressの管理画面にログインする

ブログ編集時にアクセスする画面なので、ブックマークを忘れずに。

2:先ほど設定したユーザ名もしくはアドレス、パスワードでログインします。

SSLがまだの場合、URL入力欄には「安全ではありません」と表示されています。

WordPressログイン画面

3:WordPress管理画面へアクセスできれば完了です。

WordPress初期設定は、1から設定する必要があります。

詳しい手順や必要なプラグイン関連の設定は、以下記事を参考にご覧ください。

》WordPressブログ開設後に絶対すべき初期設定15個

》WordPressのプラグインおすすめ10選

ConoHa WINGにサブドメインを削除する方法

続いて、ConoHa WINGにサブドメインを削除する方法も紹介しますね。

1:ConoHa WINGにログインし、コントロールパネルにアクセスします。

2:「WING」→「サーバー管理」→「ドメイン」へ進み、削除したいドメイン名の右側にある、ゴミ箱ボタンをクリックします。

ConoHa WINGでドメインを削除する手順

3:確認画面が表示されるので、誤りがなければ「はい」をクリック。

ConoHa WINGでドメインを削除する手順

5:右下に「削除しました」と表示されれば完了です。

ConoHa WINGでドメインを削除する手順

以上、ConoHa WINGでドメインを削除する手順でした。

ConoHa WINGのサブドメインに関するよくある質問

最後に、ConoHa WINGのサブドメインに関するよくある質問にお答えします。

ConoHa WINGでサブドメインを作ろう!

今回は、ConoHa WINGでサブドメインを作る方法について解説しました。

 ConoHa Wingサブドメインの特徴
 サブドメインを作る注意点

ConoHa WINGのサブドメインは無料で取得できるので、気になる方はぜひ作ってみてくださいね。

目的に合わせてサイト作りを楽しみましょう。

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
Emma Diaries

𝐸𝑚𝑚𝑎

ブログ歴4年目
6年間の副業OLを経てフリーランスへ
詳しいプロフィールはこちらから

-レンタルサーバー