レンタルサーバー

ConoHa WINGでリストア(復元)方法を画像付きで詳しく解説

ConoHa WINGでリストア(復元)方法を画像付きで詳しく解説
ConoHa WINGのデータが消えて困っています…。

こんな疑問にお答えします。

  • 誤って記事を削除してしまった
  • WordPressの画面が表示されない

そんな時は、無料で使えるConoHa WINGのリストア(復元)機能を使って復活させましょう。

ConoHa WINGは手動のバックアップ要らずで、過去14日分のデータが自動で保管されています。

さっそく詳しい内容を解説しますね。

リストアは、元の状態に戻す・修復(復元・復旧)するの意味で、ConoHa WINGの設定画面にもよく出てきます。聞きなれないと思いますが、「リストア=復元」の意味を理解して読み進めてくださいね。

ConoHa WINGの自動バックアップ機能の特徴

そもそもConoHa WINGの自動バックアップ機能には、このような特徴があります。

 ConoHa WINGの自動バックアップ機能の特徴
  • 全プランに標準装備
  • いつでも無料で利用できる
  • 日付を指定して復元できる
  • 1日1回、自動バックアップを実施
  • 過去14日分のバックアップデータを復元できる
  • WEBサイト・メール・データベースをバックアップ
 バックアップ復元(リストア)時の注意事項
  • Web・メールのリストアデータは、24時間経過すると自動削除される
  • 再度リストアすると古いデータは自動削除
  • 週5回以上リストアすると、一定期間使えない
  • サーバーがない場合は復元できない

また、復元データはサイトごとの保管ではなく、サーバーにまるっと保存されています。

どのサイトに何のデータを戻すかは、手動で設定が必要なんですね!

以下で、リストア手順について詳しくお伝えします。

ConoHa WINGでリストアする方法

リストア(復元)作業の大まかな流れは、こんな感じです。

  • 各項目のリストア作業
  • それぞれ反映

まずは、リストア作業から見ていきましょう。

1:ConoHaのコントロールパネルから、「WING」→「サーバー管理」→「自動バックアップ」をクリックします。

ConoHa WINGリストア作業
  • Web(メールデータ含む)
  • Mail
  • DB(データベース)

自動でバックアップされているものは、ここにある3種類のデータのみです。

WebとDBを選べば、全ての項目を復元できますよ。

ここではまず、Webからリストアしていきますね。

Webのリストア

1:最新日時右側のWEB欄にある「リストア可」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業

2:確認画面が表示されるので「リストア」をクリックします。

ConoHa WINGリストア作業

3:画面がリストア中に切り替わったら、しばらく待ちます。

ConoHa WINGリストア作業

4:自動で画面が切り替わったら、復元完了です。

ConoHa WINGリストア作業
3サイトで、5分ほどかかりました。

DB(データベース)のリストア

続いて、DBのリストアを行います。

1:DB欄にある「リストア可」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業

2:どのDBを復元するのか聞かれるので、該当名を選び「リストア」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業

データベース名が分からない場合は、次の手順で確認してくださいね。

ConoHaのコントロールパネルから、「WING」→「サイト管理」→「サイト設定」をクリックし「+WordPress」を選択します。

ConoHa WINGデータベース名チェック

データベース名の隣にある文字列が、データベース名です。

3:リストア中と表示されるので、終わるまでしばらく待ちましょう。

ConoHa WINGリストア作業
こちらも5分ほどかかりました。

4:自動で画面が切り替われば、復元完了です。

ConoHa WINGリストア作業
どこかにメモかコピーしておく

リストア履歴にあるDBの保存先名は、このあとの反映手順で必要になるのでメモなどに控えておくと便利です。

リストアデータをWordPressに反映させる方法

ここからは、リストアデータをWordPressに反映させる設定を行います。

イメージとしてwebデータの復元は、今あるデータと先ほどリストアしたデータを交換します。

webデータの復元イメージ

データベースの復元は、接続先を新しいデータベースへ切り替える作業を行います。

データベースの復元イメージ
  • Webデータの交換手順
  • DB(データベース)の切り替え手順

では、順番に見ていきましょう。

Webリストアデータをダウンロード

1:ConoHaのコントロールパネルから、「WING」→「サイト管理」→「ファイルマネージャー」をクリックします。

ConoHa WINGコントロールパネル「ファイルマネージャー」
別タブが開けばOK

2:「〇〇〇@localhost」を選択し、下にある「backup_data_web」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業

3:「public_html」をクリックし、復元したいドメインをクリック。

ConoHa WINGリストア作業

4:「wp-content」→「themes」をクリックし、自分が使っているWordPressテーマ名をダブルクリックします。

ConoHa WINGリストア作業

5:画面下にスクロールし「functions.php」のファイルを探し、ダブルクリックしダウンロードします。

ConoHa WINGリストア作業
これで、先ほどリストア(復元)したデータが手に入りました。

Webリストアデータを今のデータと交換

続いて、今のデータとリストア(復元)データを交換する作業に入ります。

1:ファイルマネージャーから「〇〇〇@localhost」→「public_html」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業

2:復元したいドメインを選択し「wp-content」→「themes」へと進み、使用中のWordPressテーマ名をクリック。

4:「functions.php」ファイルに向かって、先ほどダウンロードしたデータをドラッグ&ドロップします。

ConoHa WINGリストア作業

5:確認画面が表示されるので「はい」をクリック。

ConoHa WINGリストア作業
以上でWebデータの復元は完了です。

DB(データベース)の切り替え手順

続いて、新DB(データベース)へ切り替えを行います。

1:ConoHaのコントロールパネルから、「WING」→「サイト管理」→「ファイルマネージャー」をクリックします。

ConoHa WINGコントロールパネル「ファイルマネージャー」
別タブが開けばOK

2:「〇〇〇@localhost」→「public _html」→「復元したいドメインのフォルダ」→「wp-config.php」を右クリック。

ConoHa WINGリストア作業

3:「ファイル編集」→「ACE Editor」をクリックします。

DB(データベース)の切り替え手順

4:「DB_NAME」の欄にある名称を、先ほどリストアしたデータベース名に書き換え「保存して閉じる」をクリックします。

DB(データベース)の切り替え手順

その下にある「DB_USER」は、後ほど必要になるのでメモにとっておきましょう。

5:いったん画面を、ConoHaのコントロールパネルの「サイト管理」→「データベース」へ切り替えます。

DB(データベース)の切り替え手順

6:先ほどメモした「DB_USER」と同じユーザー名をクリックし、右側の設定マークをクリックします。

DB(データベース)の切り替え手順

7:リストアしたデータベース名に変更し「保存」をクリックすれば完成です。

DB(データベース)の切り替え手順

最後に、ブログがきちんと表示されたか確認してみてください。

ConoHa WINGリストア以外の復元方法

ConoHa WINGリストア以外の復元方法

ここまで、ConoHa WINGのリストア手順について解説しました。

正直、ブログを始めたばかりだと難しく感じるかもしれません。

以下では、ConoHa WINGのリストア以外にできる復元方法を2つご紹介します。

プラグインを使う

「BackWPup」や「All-in-One WP Migration」などのプラグインは、WordPressに特化したバックアップデータがとれるので、より高い精度の復元ができます。

事前にプラグインの導入と設定は必須ですが、一度設定すれば自動でバックアップをとってくれますよ。

BackWPupの設定方法についてはBackWPupの設定方法や使い方・復元手順について詳しく解説で詳しく解説しています。

ConoHa WINGサポートに連絡する

リストア作業はできたものの、反映させるのが難しい…。

そんな時はConoHa WINGのサポートに相談してみるのも1つの方法です。

  • メール(24時間受付)
    平日10:00~18:00
  • 電話
    平日10:00~18:00
  • チャット
    平日10:00~18:00
以前メールで問い合わせた時は、24時間以内に回答をいただけました。

データが消えて困ったら、ConoHa WINGのリストア機能を使おう

今回は、ConoHa WINGのリストア方法についてご紹介しました。

普段しない操作なので、難しい部分もあるかもしれませんが、エラーやトラブルが起こった時などに試してみてくださいね。

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
Emma Diaries

𝐸𝑚𝑚𝑎

ブログ歴4年目
6年間の副業OLを経てフリーランスへ
詳しいプロフィールはこちらから

-レンタルサーバー