PR Audiobook

読書が苦手な大人におすすめしたい5つのポイント【年間100冊以上読む方法】

読書が苦手な大人におすすめしたい5つのポイント【年間100冊以上読む方法】
学生の頃は読書をしていたものの、いつしか本を読まなくなってしまった。

 
こんな方も多いのではないでしょうか?

ネットで得られる情報は限られているため、自己投資の意味でも読書は大切です。

とはいえ、私も社会人になってから読書をしなくなった時期もあります。

現在は読書スタイルを見直した結果、1ヶ月に10冊ほど本を読んでいます。

今回はそんな現在の読書スタイルと、本のインプット方法をご紹介していきます。 

読書が苦手な大人におすすめしたい読書するときのポイント5つ

本を読む時に、意識していることを5つまとめました。

以下で詳しく解説します。

集中できる環境を整える

読書中に、集中が妨げられるのを防ぐために、読書前はスマホの通知設定をします。

  • iPhoneであれば集中モード
  • Androidのスマホであればサイレントモード

読書中に気が散ってしまうと、ついそちら側に気が散ってしまうので。

意図的に集中できる環境を作り出します。

時間を決めて本を読む

「今から30分だけ本を読む。」

 

など、時間を決めて読書することでより集中して本を読めます。

もちろん時間があるときは、あらかじめ決めた時間を超えてそのまま読み続けることもありますが。

「寝る前の30分だけ読書する。」

 

と時間を区切ってあげると、習慣化もしやすいです。

ひとまず10分間読む

本を読み出すときは、とりあえず少しだけ読むか。

といった軽い気持ちで読み始めます。

最初から全て読み切ることを目標にすると、なかなか読み始められません。

 

とりあえずちょっとだけ読もっかな。

といった軽い気持ちで、まずは1ページめくってみます。

最後まで無理に読まない

せっかく読み始めた本でも、読みづらさを感じる本もあります。

  • 難しい言葉が多くて理解できない
  • 書いてあることがしっくりこない
  • 読んでいて退屈に感じる

なんとなく合わないな〜…と感じる本はあります。

そういう本に出会った場合は、無理に全て読み切ろうとせず、情報収集と割り切って、気になる部分だけ拾い読みします。

その本で得られる部分だけいただきましょう。 

気になる作者の本を読む

 

本を選ぶ時は、どんな人が書いているのかを見て読みます。

 

作者不明のまま読むのと、作者が分かった上で読むのでは、本の内容の理解度も変わります。

 

世界的ロングセラーや、長年読み継がれている本などは、勉強になる本が多いです。

読む本に悩んだ時は、多くの人に評価されている本を選ぶのもおすすめ。

 

 

読書が苦手な大人におすすめしたい【読まない読書】本を読むのが苦手な人に、聴くだけ読書

 

サクッと本を読みたい時はオーディオブックも便利です。

 

イヤホンとスマホさえあればいつでも本が聞けるので、私はほぼ毎日オーディオブックを聞いています。

 

移動中の音楽をオーディオブックにかえてから、有意義な時間を過ごしている実感もあり、満足度も充実感も高いです。

 

1番のメリットは、スキマ時間だけで本が1冊読めるところ。

 

沢山本をインプットしたい方にはおすすめです。

 

 

【聞き放題が無料!】Audibleは30日間無料キャンペーン中

Audibleでは、現在30日間無料キャンペーンを実施中!

12万以上の作品が聴き放題のおトクなチャンスです。

ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

\ 今なら聴き放題が無料 /

Audibleの詳細を見る

※ 無料期間中の解約もOK!

 

オススメのオーディオブックは下記記事にまとめていますので、気になる方はご覧ください。

 

関連記事
no image
【2024年】Audible(オーディブル)聞き放題で聴くべきおすすめ本30選

続きを見る

 

関連記事
【初心者向け】Audibleで英語勉強にオススメ本25選
【初心者向け】Audibleで英語勉強にオススメ本25選

続きを見る

 

-Audiobook
-